レッスンのご案内

直近スケジュール
2018年2月23日、3月2日、3月23日
いずれも金曜日18時30分より21時30分まで

<俳優の声と存在感を育む具体的なアプローチ>
無駄にテンションを上げることなく

無闇に声を張り上げることなく
自然に存在するだけで自分自身を強く印象づけられる

<日本で唯一の本テーマ常設レッスン>
俳優が、大切な本番の最中に
アレクサンダーテクニックを
どうやって実践的に使うかその方法を伝授

<演技初心者の皆様には>
『無理のない声の出し方』『自分という楽器の奏で方』が学べる


イマのジブンをコエるコエ
独自の価値が見える存在感を育む
『俳優のためのアレクサンダーテクニック(俳アレ)』
@池袋

・開催は月に2〜3回(各自ご都合に合わせてご参加ください)
・金曜日18:30〜21:30
・チケット制(半年有効6回チケット33,000円)
・入会金不要
・お試し単発受講(事前振込6,500円、当日精算7,500円)もあります。

@池袋ヴォイス&アクターズ道場内アトリエ


<受講のご予約や詳しいお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ>
salondecoordination@gmail.com(俳アレ事務局)


2012年12月13日木曜日

俳優の護身術としてまた武器として

このブログがご縁で
アレクサンダーテクニックに興味を持たれたり
それより以前に
「アレクサンダーテクニックなるものがどうやらあるらしい…」
と、その存在を知っていただけたりするだけでも
このブログには十分な意味があります。

まだそれが何なのかはほとんどこちらにも記しておりませんし
わたしなりに言葉を尽くして記したところですべては語りきれません。

ただし、こちらに訪れる方にとって大切な
「演じる」という活動に大変有効なものであるということ。

また、俳優業、俳優活動、俳優修行、ひいては俳優人生全般において
もちろん何より演じてるその瞬間においても
大いに助けとなるものであることは確かである、と
わたしは自信を持って申し上げます。

なぜなら、このテクニックは俳優にとって唯一無二の楽器
唯一無二の商売道具である<自分自身>の
生来の機能に沿った上手な使い方を学べるものだからです。 

++   ++   ++   ++   ++

ガーゼで石を磨き、ナイフでネジを回す・・・

不可能ではないですが
ガーゼはあっという間にボロボロになり
ナイフの歯はすぐに欠けてしまうでしょう。

人間は大変よくできていて、いろいろなことが可能ですが
それでも機能には限界があり
たとえ不可能でないことであっても
それを続けることで早々に壊れる可能性は高まります。

ときに人間は無知ゆえに
ときには十分に理由があることを持って
ガーゼで石を磨き、ナイフでネジを回すような
そんなことを自分のからだでしてしまうのです。

そして、一度や二度ならなんとかなっても
いつのまにか習慣になり
いつのまにかそれが、当たり前のことになる・・・こともあります。
自分にとって正しいことをしながら
実は自分自身を痛めつけてしまう
そんなことになってしまうのです。

その習慣が根強ければ根強いほど
このことにはなかなか気づけません。

++   ++   ++   ++   ++

例えば、「声」は俳優にとって大変重要なツールです。
がしかし、声が出るシステムに不必要な干渉をすることなく
声を出すことができる俳優は稀です。

「さすが俳優さん、いい声してますね」
と言われる、美声が売りの俳優さんのなかにも
実はいつも<使いすぎ>を恐れている方は少なくありません。

そして、ときに真面目な俳優が
酒や煙草を避けたり、いつものどを潤すよう心がけたり
普段は出来るだけ声を使わないなどのケアをしたとはしても
実際に声を発するときには
やはり、機能に逆らった使い方をしてしまうのです。

これは当のF.Mアレクサンダー氏の探究物語 (The Use of the Self)
にある冒頭のエピソードに酷似した現象です。

いい声をしているからと言って
その人がいい声が出るシステムを知っているとはいえないのです。
そして、そのシステムに干渉しない使い方で声が出せる人は多くありません
そのためには相当に繊細な自己観察と練習を要するのです。
(簡単にいえばこれがアレクサンダーテクニックのレッスンです)

なかには、出し惜しみをする、表現を制限する
仕事を選ぶ、舞台出演を避けるなど
生業のため仕方なく、知恵を絞って
対応することができる人もいるかもしれません。

でも

やっとつかんだ数少ないチャンスを目の前にした未来ある俳優や
自分だけのことでなく
たくさんの人の期待や責任を背負っている卓越した俳優など
そんな俳優たちには
なかなかそのような選択は出来ません。

あらゆる可能性にイエスを言いながら
総合芸術の一員として
時にはリーダーとして
自分の全身全霊を持って演技に取り組みたい

ただし
…自分自身を傷つけることなく
…のびのびと

アレクサンダーテクニックはそういう俳優を助けてくれるのです。

筆者の話をしましょう。
かつての私は演じることで少なからず自分自身を傷つけていました。
それは俳優として仕方のないことだと考えてました。

でもこのテクニックに出会ってからは
演じることで心身ともに日々健康になってます。
そして一つ一つ着実に望みを実現させています。

演じることと、演じるご自身を大切にされたい俳優さんがたの
少しでもお役に立てれば幸いです

++   ++   ++   ++   ++

なかには

「このテクニックは俳優にとって大切な、からだを護ってくれるもの」
「このテクニックを使うことで、からだを長持ちさせることができる」

このような言い方をする人もいます。
たしかに、それも間違いではないでしょう。

年齢により無理が利かなくなったり、怪我や病気などにより
思うように自分自身を奏でることができない状況にある俳優さんにも
アレクサンダーテクニックは大きなサポートをしてくれます。

このテクニックは「人間にとって機能的に優位な」うごきを学べますので
それは自ずと自身に負担の少ないうごきとなるでしょう。
演じることで、残念ながら自身に与えてしまう、ダメージを
大きく減少させてくれることでしょう。

そして同時に

先ほども申し上げたように
俳優が望む演技を、全身全霊を持って演じることも助けてくれます。

++   ++   ++   ++   ++

アレクサンダーテクニックは攻守ともに俳優をサポートしてくれます。

俳優にとっての護身術でもあり
望みを叶えるための強力な武器にもなってくれるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿